MENU

胸(バストトップ)だって脱毛できる!

胸の脱毛、乳首周りの脱毛はできても、乳輪自体の脱毛はできないサロンが多いですよね。

 

さらに全身脱毛コースといいながら、顔や胸の脱毛は対象となっていないことが多いです。

 

私もわきの脱毛をしたついでに胸の脱毛もお願いしたら断られてしまいました。

 

その理由は乳輪は普通の肌に比べて黒っぽいので、メラニン色素に反応する従来の光脱毛ではリスクが大きいからです。

 

でも最近の脱毛専門サロンでは、肌に優しい施術方法になっていて、胸の脱毛が可能なところが増えてきています。

 

ジェルなどでリスクを回避する方法と、そもそもメラニン色素に反応させる方法ではない施術もできています。

 

そんな優しい脱毛方法なら胸の脱毛も安心してすることができます。

 

胸の脱毛が可能といっても、「乳輪周り」だと乳輪自体は含まれないかも知れないので注意が必要です。

 

大手脱毛サロンは従来方式であるIPL脱毛または、その進化版のs.s.c.脱毛が多く、胸の脱毛は「乳輪周り」までとなっています。

 

私は胸の中でも乳輪の脱毛がしたいので、「乳輪」の脱毛が可能な脱毛サロンを見つけました。

 

ディオーネ

 

全く新しいハイパースキン脱毛という施術方法の脱毛サロンです。

 

胸の脱毛は、「乳輪&乳輪周り」となっており、明確に乳輪の脱毛が可能であることが分かります。

 

子供脱毛のメニューもあり、3歳の子供から脱毛可能という、とても肌に優しい敏感肌やアトピーの人でも可能な脱毛です。

 

紹介している公式ページは全身脱毛の体験予約ページとなっていますが、ここから無料カウンセリングの予約も可能です。

 

公式ページへ

 

ミュゼプラチナム

100円

 

従来の光脱毛にプラスして、抑毛効果のある特殊なジェルとの相乗効果によるs.s.c.方式の脱毛サロンです。

 

全国に展開しており、現在最も店舗数の多い最も人気のある脱毛サロンです。

 

胸の脱毛は「乳輪周り」となっていて、フリーセレクト美容脱毛コースで選ぶことができます。

 

公式ページへ

 

 

脱毛するなら、エステサロンの脱毛メニューより脱毛専門サロンのほうが安くできます。
脱毛専門サロンの選び方

 

乳輪の脱毛に適した施術方法

胸(乳輪)は色が比較的濃いため、医療脱毛(レーザー脱毛)はやけどのリスクが高くおすすめできません。

 

脱毛サロンで主流の光脱毛も、光の出力が弱いですが基本的にはレーザー脱毛と同じなので避けたほうが良いでしょう。

 

胸の脱毛

 

乳輪の脱毛で一番適しているのは、これまではニードル脱毛という方法です。

 

ニードル脱毛は毛穴に針を差し、電流を流すことによって毛にダメージを与えるものです。

 

脱毛の効果としては一番高いと言われていますが、とにかく痛みがスゴイため現在ではあまり採用されていません。

 

乳輪はデリケートな部分なので、針を刺して電流を流すなんてとてもじゃないけれど無理で、恐怖としか言いようがありませんよね。

 

じゃー、どうすれば良いかって話ですが、最近はメラニン色素に反応しない光による脱毛が多くなってきているのです。

 

例えば、SHR方式の脱毛があります。

 

SHR脱毛は毛を包んでいるところ全体に熱を集めて毛にダメージを与える方法で、蓄熱式脱毛とも呼ばれます。

 

メラニン色素に反応させる方法ではないので、痛みも少なくこれからの脱毛方法だと言えます。

 

SHR脱毛を採用している脱毛サロンはいくつかありましたが、全身脱毛メニューだけのサロンばかりでした。

 

その中で乳輪が対象となっているか調べると、「乳輪周り」となっているサロンのほうが多かったです。

 

そして今最も肌に優しく痛くないと言われているのがハイパースキン脱毛です。

 

従来の光脱毛もSHR脱毛も、生えている毛にアプローチするのに対して、ハイパースキン脱毛は毛が生える前の毛の種にアプローチする方法です。

 

この施術を採用している脱毛サロンは、まだほとんどありませんが、敏感で色黒の乳輪の脱毛方法として、現在最も適している施術と言えるでしょう。

 

ハイパースキン脱毛のディオーネへ